アトピーフォーラムin豊富2016⑥ワークショップ「育児」について

こんにちは、ヨガインストラクターのまなみんですV(^_^)V

アトピーフォーラム開催まで、あと半月ほどとなりました。

実行委員内では、細かな準備や確認の段階です。
今回、初の試みとして、「語り合いのワークショップ」を開催するコトとなり、どうしたら上手くいくものかと、スタッフそれぞれがあれこれ考えているようです。

このアトピーフォーラムに関するお知らせをするリレーブログは私で6回目ですが、この内容を初めて読んでくださった方のために。
今年度のアトピーフォーラムは、2日間開催されます。

語り合うワークショップは、17日の土曜日、温泉の自然観察館にて開催です。
6つの語り合いテーマがあり、ご参加の方はそれぞれ、自分が話し合いたいブースに行き、自分に話したり聴いたりする、というモノです。

その中で私は、「育児」グループを担当します。

私自身、8歳の娘の親です。

今は愛知と北海道、離れて暮らしています。


先日、愛知に帰った時。


それ以外にも、どこかへ遊びに行ったりすると、写メを送ってくれたり、毎晩話せる時にはSkypeをしたりしてます。

アトピー性皮膚炎を持つ自分から生まれた子どもは大丈夫やろうか?と、娘を授かった時、もちろん不安はありました。

おかげさまで娘は、とにかく丈夫で、すくすくと育ってます。

今回のワークショップは、誰かのハナシをただ聴く、というモノではなく、今持っている不安や気になるコトなどを自由に話し合う場です。

でも、自分から話すコトを好まない方は、ヒトのハナシを聴いていたらよいと思うし、聴かれたコトに対し自分の意見があれば、それを話したらよくて。

私もイチ参加者として、堅苦しくなく、アットホームな話し合いの場となれば良いかな〜と思います。

巷によくあるワークショップなんかでは、「ファシリテーター」なるヒトが居て、参加者の意見を上手く引き出し、上手く取りまとめて行き、着地点を作ってゆきますが、今回は、とくに取りまとめる必要はないし、結局、まとまらないだろうと思います。

アトピーというものは、育児というものは、そもそも着地点のないもので、答えの出にくいものです。

ただそんな中、ヒトの意見を参考にしたり、自分の想いを話すコトで明確になるコトもあるのかな、と思います。

一期一会。

たまたまその時出会えたヒトたちと、想いを共有する。

それもまた良い機会だなあと、ご参加の方に思っていただけたら、そしていくらか気持ちが楽になれば、嬉しいです。

育児と言っても、現在母でなくともよし、男性でもよし、孫がいる方も、とくに興味なかったけどなんとなく、という方も!
とにかく、気軽に来ていただけたらと思います。

最後に。

全然関係ないですが、私の母です。

そして、父。

愛知の家族に支えられ、豊富温泉でゲンキに暮らしています^ ^

アトピーフォーラムin豊富2016、お待ちしていますV(^_^)V

follow us in feedly