豊富町観光協会から

121-copy

こんにちは。豊富町観光協会の栗山と申します。

今回の「アトピーフォーラムin豊富2015」湯治体験ツアーのサポートをさせて頂いています。

豊富温泉には、近年、アトピー性皮膚炎や乾癬等の慢性皮膚疾患で、お悩みの方々からも注目され、全国から多くの方々が、 湯治(とうじ)に訪れています。

湯治がきっかけで、豊富町に移住した方も増えてきています。

湯治客が気軽に集まれるコミュニティスペースを実現したカフェを経営する方や、ヨガをはじめ健康推進をすすめる温泉スタッフ。

湯治中の期間を利用して豊富町の自然を伝える方など色々な方がいます。

でも、体調管理もありみんなが働けるということではありません。

最初に豊富温泉に来られた方は、どこか不安な表情をされている方もいらっしゃいます。

北海道の最北の温泉、豊富温泉。場所も遠いし、どんな所か?豊富温泉って、聞いたことはあるけど・・。

不安なことがたくさんあると思います。

でもここには、湯治がきっかけで、移住したコンシェルジュデスクのスタッフもいます。

観光協会でも湯治パックという宿泊プランを、協賛させて頂き、多くの方から湯治の相談も頂いています。いつでもお気軽にご相談ください。

皮膚科の先生にもよりますが、多くの方が2週間~3週間滞在されていきます。

宿泊施設の方から、帰る頃には表情も明るく、元気になったといった声も届きます。

私自身も実は移住組の一人です。以前は関東で満員電車に揺られ、空気も悪く、ストレスも多い生活をしていました。

私の場合は、学生時代に初めて来た北海道という場所が、その後の人生で何度もターニングポイントを迎えました。

北海道と本州を何度も転勤で行き交う中で、都会の便利さとは違う生活を求めてきた結果が、今の自分につながっています。

確かにコンビニもスーパーも少なく不便な場所です。でもそこには普通に暮らしている人の生活があります。今、この文章を読まれている方は色々な思いを持っていることかと思います。

1歩、前へ進んでみませんか。豊富温泉でお待ちしています。

最後に、私が住んでいる豊富町のおすすめポイントの写真を紹介させて頂きます。

空をみて、風を感じるのが大好きです。

121 copy DSC_0020 copy 010 copy

follow us in feedly