アトピーフォーラムin豊富2016②~ワークショップ「移住」について~

こんにちは!
今年も、「アトピーフォーラムin豊富」を開催します。
img_4035.jpg

今年のフォーラムの全体については前回実行委員長齋藤より紹介がありました。
「①今年のフォーラムについて」
http://atopyforum-toyotomi.com/forum2016blog-1/

今年はワークショップがメイン。

以下の6つのテーマのワークショップを行います。

①アトピーと自立・仕事
②アトピーと恋愛
③豊富での長期滞在・移住
④湯治後の体調維持
⑤アトピーと育児・家庭
⑥アトピーと食・運動

9/17の午前・午後それぞれ2時間づつ開催します。自由参加です。
予約不要。参加費無料。当日はぜひ気軽にお越しください。

今回のワークショップでは、参加される皆さん同士がとことん語り合えるような場にしたい!と思っています。
私たちスタッフは、講義したり話し合いを特別に主導するような役割は持ちません。
その場の雰囲気を、参加している皆さん一人ひとりにとって話しやすいように随時整える事が主な役割。
スタッフも語り合いの輪の一人として参加しますが、主役はみなさんです!

同じような経験をもつ人達が集まり、普段なかなか表に出せていない悩みや疑問、感情を共有する。
その中で、お互いをより深く理解し、意見交換していく。
鏡のように他人の中に自分を見たり、自分との違いを認識したりもするでしょう。
特に何か特定の答えを出そうとする場ではありません。
少しでも、語り合うことでスッキリしたり、アトピーに前向きに向き合っていく力をお互いに得られたら。
そして、全国からこのアトピーフォーラムに集まる人たちに、新しいつながりが生まれればと願っています。

私は、豊富での長期滞在・移住をテーマとしたワークショップを担当します。
豊富温泉での湯治をきっかけに、長期滞在や移住に興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。
そういった方はきっと、いろいろ知りたい情報があると思います。
私の方ではある程度、既に移住している人の実態や、住居・仕事についてなど、お伝えする事もできます。
ただ、先に述べた通り、ワークショップでは一方的に情報をお伝えするだけの場にはしないように、と思っています。
また、移住などの際に本当に必要な情報は、その人それぞれの状況に合わせたものでなければ意味がありませんので、当然準備もしきれません。
そのため、このワークショップでは、何か有益な情報を得るためというよりは、長期滞在や移住というテーマに興味のある方が参加し、お互いの意見を交換し、考えを深め、前向きな力とつながりを得ることができれば、と考えています。

少しでもこのテーマに興味がある方は、ぜひご参加ください。
午前中もしくは午後のみ、という参加ができますし、希望されれば午前も午後も参加して頂いて大丈夫です。

最後の写真は、豊富に長期滞在や移住すると気軽に見ることができるようになる、稚咲内海岸から見る夕日です。
IMG_1849

私は自然が好きなので、移住して身近に自然を感じることができる今の環境に感謝しています。
豊富は、夜は星がきれいな場所でもあります。
今日は、ペルセウス座流星群の日ですね!楽しみです☆彡

アトピーフォーラム実行委員会 高木

アトピーフォーラムin豊富2016①今年のフォーラムについて

6月から少しずつご案内しておりました「アトピーフォーラムin豊富2016」の開催まで、あとひと月となりました。

11回目を迎える今年は新たなスタイルを取り入れ、これまでとは少し内容を変えています。

これまで書ききれなかった詳細もまだまだたくさんありますので、実行委員で手分けしてフォーラム内容をブログでご紹介させて下さい。

初回担当の私からはフォーラム全体について書かせて頂きます。(ちょっと長くなってしまいました)

この3年間は初めて来られる方の背中を押せるよう湯治体験ツアーも併せて企画していましたが、色々なご協力で札幌発着ツアーが単独で開催できるまでとなりました。(次の湯治体験ツアーは11月の予定です)

一本釣りのような形でいきなりスカウトしたり、じわじわ声掛けしてご協力頂いている「湯治体験談」や「アトピー体験談」は、参加者アンケートで「もっと聴きたい」という声が毎年多数寄せられていました。

少数精鋭で実行委員と日々の業務+その他イベントを掛け持ちしている私達ゆえ、やりたいことと時間や体力に限りが見えていた現状でもありました。

2016フォーラム実行委員会キックオフミーティングではその辺りを十分話し合い、今年はツアーは行わず、その分フォーラム自体の企画を2日間に増やして中身の充実を図ろう!という方針に決まりました。

1日目は6つのテーマに分けて丸々ワークショップを行います。

午前、午後共に2時間ずつの枠にしていますので、例えば午前(または午後)だけ参加も可能ですし、午前中は「仕事の話グループ」、昼休憩をはさみ午後は「育児の話グループ」といった参加方法も可能です。(終日同じテーマで深めるのももちろんOK)

決して無理やり話さなくてはいけない場ではありません。他の人たちの話を聴く中で、普段なかなか言えないことを自然と口に出せる空間になることを願っています。話すことはデトックス、心のつかえが少しでも取れると皮膚症状や体調にもプラス効果がきっとある!!と信じています。

また、2日目午後は市街地で基調講演を行い、フォーラムのミッションでもある(なんだかかっこいい)アトピー当事者と地域住民との交流や、皆で一体となって健康の町づくりを目指します。夜は「アトピー学習会」と、医師も交えてわいわいやろうぜ♪「交流会」を温泉で開催します。

そして、今年は新たな実行委員も加わっただけでなく、今後の発展を目指して参加案内した中で「この時にあわせて行くよ」と言って下さった東京フリーコムの方々他、力強い面々が幾人も見えられます。

初日の一日ワークショップや会場移動して企画した二つの講演会など(他にも秘密の楽しい仕掛けがあるかも)、充実を目指す分準備や運営には例年とは違った大変さがありますが、その分やりがいもあります。

実行委員もそれぞれ得手不得手があり、特にワークショップなどは実は少しドキドキしているメンバーもいます。私もその一人です。でも、ワークショップは私たちが仕切るのではなく、私達もいち参加者として皆さんとたくさん語り合いたい気持ちです。そこはドキドキ以上に楽しみなのです。

両日ともに事前参加予約はあえてとっていません。遠方からお越しの方は交通機関やお宿の確保は早めが良いでしょうが、滞在中の体調に不安のある方は、ぎりぎりまで体と相談しながら参加内容をお選び頂けます。

色々と新たなことにチャレンジしているので各担当は結構準備に大変です。(それでもやりたいと言ってくれたメンバーを私は本当にスバラシイと思います)

一方、昨年に味を占め今年も一番良い席にどんと居座ってしまった私は(一番何もしなくて良い席でもあったので)のほほ~んと過ごしています。年長者に優しい実行委員に恵まれたことに感謝しながら、今からフォーラム場面を妄想しているところです。

今後各メンバーから様々な企画のご紹介を順次していきますので、そちらもどうぞお楽しみに。ヽ(^o^)丿

アトピーフォーラムin豊富2016 実行委員長 齋藤真由美

logoinfo

イベントについて

ヨガインストラクターのまなみんです(^ν^)

18日から始まるアトピーフォーラム、湯治体験ツアー2015。

私は、ツアー当日札幌までお迎えに行かせていただきますので、ご参加の皆さま、ぜひよろしくお願いしますm(__)m

札幌駅、鐘の広場にてお待ちしています〜

そしてツアー中に開催されるイベントのひとつとしてこちらがあります。

今回で3回目となります、1DAY農園レストラン。
豊富町から2時間ほど離れている名寄市にて農園レストランをやっている古屋シェフが豊富町に来てくださり、

お野菜中心の素晴らしいランチバイキングを作ってくれます。
ホントに、ホントに美味しいのです!

お野菜だけでこんなに素晴らしい、美味しいお料理がたくさん!と、去年も大好評でした。

そして今年は、地元豊富町の鹿肉、おとなり幌延町の合鴨、そして、地元が誇る豊富牛乳を使ったデザートなども予定されてます。

このレストラン、11月1日に予約開始だったのですが、一般枠があっという間に埋まってしまいました!スタッフもビックリ〜

ですので、残すはツアーにご参加いただける方の枠です。

ツアーご参加の方は、ツアー料金にこのレストラン参加費が含まれております。ぜひお楽しみにいらしてくださいね。

ツアーはまだまだ募集中です。

まだ間に合いますよ〜!

アトピーフォーラムin豊富2015について

PB035150-400x300

ツアー化を始めて3年目になる今年ですが、アトピーフォーラムが核であるのは過去9年間と同じです。

豊富温泉では、湯治に来た皆さんに体や健康のことを自身で考えてもらえるよう日頃から機会を提供しているのですが、今年もその流れに沿って「他人任せにしない健康づくり 〜なぜ豊富温泉に人があつまるのか〜」と題して、広島市のさち皮ふ科クリニック院長 隅田さちえ先生に基調講演を頂きます。

日頃、運動や食事など生活全体を考えながら患者さんの診療・指導にあたっておられる先生のお話は、アトピー患者のみならず、今現在健康な方にとっても大変参考になることでしょう。

また、「アトピーフォーラムin豊富」恒例となっている患者の体験談として、湯治から移住へ至った方、お二人にお話をお願いしています。

過去のフォーラムを振り返って気が付くといつの間にかできていた温泉スタッフからのコーナー(?)では、今年の夏に豊富温泉で初めて開催された「ナツカフェ」からアンケートの集計報告などがあります。

今後の豊富温泉に望まれるものが色々とでてくるでしょうから、豊富町在住の人間だけではなく湯治客とも協力し合って、豊富温泉の環境を整備していける機会が、今後ますます増えてくることを期待したいものです。

…ところで、私のこの記事の中では書くのが一番最後になりますが、実は「アトピーフォーラムin豊富」は今年で10回目を迎えます。

いつ”今回のフォーラムで最後”になってもおかしくない苦しい時期もありましたが、よく続けてきたものだと思います。

実行委員からは、これまでの「アトピーフォーラムin豊富」の歩みも簡単に紹介させて頂きます。

11月22日(日)の午後1時半から豊富温泉の自然観察館にて、皆さんと有意義な時間を過ごせることを実行委員一同楽しみにしておりますので、ぜひぜひ足をお運びください。

ちなみに、フォーラム当夜恒例の懇親会(もれなく、東京都の藤澤皮膚科院長 藤澤重樹先生の講演付です。…誰ですか?「藤澤先生の話は今年だけでもう何回も聞いたよぉ」とか言っているのは?)ももちろんありますから、こちらもお楽しみに。

ツアーの申し込みもまだ間に合いますよ!迷っている人は急げ!!

PB035150

豊富町観光協会から

121-copy

こんにちは。豊富町観光協会の栗山と申します。

今回の「アトピーフォーラムin豊富2015」湯治体験ツアーのサポートをさせて頂いています。

豊富温泉には、近年、アトピー性皮膚炎や乾癬等の慢性皮膚疾患で、お悩みの方々からも注目され、全国から多くの方々が、 湯治(とうじ)に訪れています。

湯治がきっかけで、豊富町に移住した方も増えてきています。

湯治客が気軽に集まれるコミュニティスペースを実現したカフェを経営する方や、ヨガをはじめ健康推進をすすめる温泉スタッフ。

湯治中の期間を利用して豊富町の自然を伝える方など色々な方がいます。

でも、体調管理もありみんなが働けるということではありません。

最初に豊富温泉に来られた方は、どこか不安な表情をされている方もいらっしゃいます。

北海道の最北の温泉、豊富温泉。場所も遠いし、どんな所か?豊富温泉って、聞いたことはあるけど・・。

不安なことがたくさんあると思います。

でもここには、湯治がきっかけで、移住したコンシェルジュデスクのスタッフもいます。

観光協会でも湯治パックという宿泊プランを、協賛させて頂き、多くの方から湯治の相談も頂いています。いつでもお気軽にご相談ください。

皮膚科の先生にもよりますが、多くの方が2週間~3週間滞在されていきます。

宿泊施設の方から、帰る頃には表情も明るく、元気になったといった声も届きます。

私自身も実は移住組の一人です。以前は関東で満員電車に揺られ、空気も悪く、ストレスも多い生活をしていました。

私の場合は、学生時代に初めて来た北海道という場所が、その後の人生で何度もターニングポイントを迎えました。

北海道と本州を何度も転勤で行き交う中で、都会の便利さとは違う生活を求めてきた結果が、今の自分につながっています。

確かにコンビニもスーパーも少なく不便な場所です。でもそこには普通に暮らしている人の生活があります。今、この文章を読まれている方は色々な思いを持っていることかと思います。

1歩、前へ進んでみませんか。豊富温泉でお待ちしています。

最後に、私が住んでいる豊富町のおすすめポイントの写真を紹介させて頂きます。

空をみて、風を感じるのが大好きです。

121 copy DSC_0020 copy 010 copy

湯治ガイダンスについて

cons_member

アトピーフォーラム2015湯治体験ツアーも約一ヶ月後に迫って来ました。フォーラム特集④回目ということで、今回は「湯治ガイダンス」についてご紹介します。
温泉のHP「ミライノトウジ」をじっくりと読んでいただいている方はご存知かと思いますが

豊富温泉では、湯治でお越しのお客様に少しでも不安なく効果的な湯治生活を送っていただきたくために
「健康相談員」と「温泉コンシェルジュ」が常駐しています。

「健康相談員」は保健師の資格を有し、
体調不良の際に医師と連絡を取り合い、迅速な対応を取れる体制を整えております。
湯治療養多くの方が訪れている慢性皮膚病の症状だけでなく、その他持病に関しても
相談ができます。

斉藤イラスト

「温泉コンシェルジュ」は温泉利用指導者の資格を有し、
お風呂の入り方から湯治中の過ごし方など、主に湯治生活のサポートをいたします。
またスタッフ自身も湯治経験者で、アトピーなどの同じ悩みを共有できるのではないかと思います。

コンシェルイラスト

今回の湯治体験ツアーでは初日に温泉に到着後「湯治ガイダンス」の時間を設けております。
「湯治ガイダンス」では健康相談員とコンシェルジュから湯治の仕方やツアー中の過ごし方について
ご案内致します。

「湯治ガイダンス」以外の時間でも相談員やコンシェルジュにはいつでも相談が出来ます。

気になる事があれば迷わず、健康相談員およびコンシェルジュにご相談ください。

お茶会について

最近また少し寒さが増してきた豊富町です。

道内でも今週中には平野部では初雪が見られるところもあるそうです。

どんどん寒くなりますので風邪には十分ご注意ください。

 

さて、来月にせまってきました「アトピーフォーラムin豊富2015」湯治体験ツアー!!!

ツアー中いくつかのイベントを開催する予定となっています。

今日はツアー2日目の11/9(木)開催予定のイベント「お茶会」についてご紹介させていただきます。

 

豊富温泉コンシェルジュ・デスクのスタッフ主催で毎月1回~2回程度「お茶会」を開催しています。

湯治をされるお客様同士の繋がりを持っていただく場として、お茶を飲みながらお話ししましょうという会です。

 

①簡単な自己紹介を最初にして頂いて、お茶を飲んで雑談(情報交換)をするお茶会と

②テーマを決めて、健康に関するプチ講座を兼ねたお茶会もあります。

 

今回のツアーでは①のお茶会となります。

全国各地様々なところからお見えの方も多く、自己紹介を聞くだけでもとても興味深いです。

毎回参加されるお客様も様々なので、お話も色々。

ぜひ、ツアー参加中にこのようなイベントにご参加頂き、同じようにお体の悩みを持つ方々と意見交換をする場にして頂けたらと思います。

 

お気軽にご参加ください。

 

11737888_935164076543227_134220459353748106_n

 

ちなみに今月のお茶会は、②の健康に関するプチ講座を兼ねたお茶会となります。

冷え性の方にはもってこいの「梅生番茶の作り方」を学びます。

作り方は一度思えてしまえばとっても簡単にすぐ出来ます。

風邪のひき始めや、寒気のする時に飲むとカラダがポカポカあたたまりますよ。この時期にはもってこいの飲み物です。

ぜひ作り方を学んで帰ってください(^^)/

ochakai

ヨガクラスについて

こんばんは( ^ω^ )

ヨガインストラクターのまなみんです。

いよいよ来月にせまってきましたアトピーフォーラム、湯治体験ツアーです。

先週、実行委員長でもある保健師のまゆみさんのブログでも紹介がありましたように、8泊9日の湯治体験ツアー、今年で3回目となります。

ツアー中、私はヨガクラスの担当をさせていただきます。

先日のクラスの様子です。

定員25名で、月曜と金曜日が午後2時から、火曜日が午前10時からと、月に3回のクラスを開催しています。

開催場所は、コンシェルジュデスクがある豊富温泉ふれあいセンター2階のとなり、大広間にてです。

ヨガと言っても、難しいポーズや激しい動きはしません。療養として気軽に受けていただけるよう、初心者対応クラスです。

ぜひツアー中は、2回のヨガクラスを体験してみてくださいね。ご希望の方には、個別指導もさせていただきますので、お気軽にお声がけください〜

豊富温泉にてお待ちしております!

クラスのチラシはこちらです。

フォーラムと湯治体験ツアーについて

あーーっという間に気が付けば10月。

秋真っ盛りというより、もしかしたら今月末には雪とご対面するかも…などと少し焦る気持ちも湧いてきますが、ここはひとつ落ち着いて皆様にしっかりお伝えしたいことがございます。

毎年この時期に行っております「アトピーフォーラムin豊富」。

事の成り立ちなどについては、昨年9月にコンシェルジュ尾崎の方でご紹介しておりました。

また、近々本サイト内に「アトピーフォーラムin豊富」専用ページがアップされますので、ここでは割愛させて頂きます。

この機会に滞在して豊富温泉の効能を実感してもらいたい!との思いでツアー化を図り、今年で3年目となりました。札幌観光バス(株)さんと豊富町観光協会さんのご協力があり、小さいながらもツアーが継続できています。

そして今年は、なんとアトピーフォーラムin豊富10周年なのです 😀

年々新たな力が加わり、コアな実行委員、企画の一部を担ってくれる人、遠方からの助力、当日ボランティアなども年を追うごとに充実してきました。

でも、10年という月日はけして短くはないようで、スタート時から今もがっちり関わっているのは私と〇○さんと△△さんと…片手で収まるくらいとなっていました。名実ともにますますお局様…。

節目でもある今年度の実行委員会の最初には、アトピーフォーラムのビジョン、ミッションについてそれはそれは熱く語り合いました。後日各委員に送られた議事録のボリュームたるや、まあ一言では言い表せないくらいのものでしたよ。

患者さんたちが声を出せる場としてのフォーラムを、様々な受け入れ態勢を一つずつ積み上げてきている豊富温泉で行う。

そして、一人で思い悩む方々が最北の地に降り立つ決意ができるための8泊9日のツアーです。

もちろんリピーターの方がご利用下さるのも大歓迎です。

一般的なツアーと比べると見た目の派手さはありませんが、熱い想いをもった現場スタッフで一つ一つプログラムを練っています。

来週からは、週一ペースで充実の内容を一つずつご紹介しますので、どうぞお楽しみに。

そして迷っている方はぜひお申込みのご検討をお願いします。